2015年09月13日

日本国民救援会第69回東京都本部大会、今回も速記官養成再開を方針化

9月10日、日本国民救援会東京都本部から第69回大会の議案書が出されました。

今回の大会議案でも、速記官制度問題が取り上げられました。
該当部分は次のとおりです。

三、一年間の活動の総括と今後のたたかい
(四)司法改革の取り組み
(前略)
「裁判の速記録は、被告人の権利を守り公正・迅速な司法を実現をする上で重要な役割を担っています。同時に国民救援会が進める大衆的裁判闘争にとっても正確な裁判記録(速記録)はたいへん重要です。速記官の養成再開と速記機材の官支給を最高裁に対し求めます。司法総行動など他団体との共同に尽力します。」
(後略)

日本国民救援会は、人権と民主主義を守ることをめざす団体ですが、最高裁から速記官の養成停止(速記官制度廃止)の案が出された当初から養成停止に反対してきた団体です。
今回も引き続き、速記官の養成再開、速記官の処遇改善の方針を出されたことに心から敬意を表したいと思います。
司法総行動はじめ、速記官の養成再開、速記官の処遇改善をめざし、ともに力を合わせて頑張りましょう。

大会は、10月10日(土)午前9時30分から、平和と労働センター2階ホールで開催されます。
裁判闘争に取り組む多くの団体や争議団などの訴えを聞くこともできますし、多くの課題を共有することもできる場です。多くの皆さんの参加を呼びかけます。(太郎)




posted by sokkikan at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。