2015年06月16日

第一、第二東京弁護士会に要請

6月15日、第一東京弁護士会と第二東京弁護士会に、「意見表明等のお願い」と題する要望書を手交し、速記官の養成再開などを求める意見表明を発出してくださるように要請しました。
要請行動には、鶴見会長と奥田副会長が参加し、各弁護士会の事務局責任者に趣旨説明をしました。
対応してくれた事務局長(一弁)、事務局次長(二弁)は、担当役員に説明し検討してもらうようにするとのこと。
検討結果は後日問い合わせすることとなりました。

posted by sokkikan at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。