2015年01月01日

あけましておめでとうございます。

皆さま あけましておめでとうございます。

2014年は増税あり、各地で思いがけない天災あり、年末にはあわただしく総選挙ありと、何かと落ち着かない年だったように思います。

あけて2015年は未年。おとなしい(ように見える)羊になぞらえて、穏やかな年になってくれますようにとお願いしたいものです。


だけど年あけて早々、大寒波がやってきて厳しい寒さの中での新年となりました(頼みますよ、羊さん)。


私たち裁判所速記官にとっては、大寒波とまではいかずとも厳しい環境の中で、日々執務に励んでいるところです。そのかたわら、今年も速記官の執務環境の改善をはじめ、裁判所速記官の養成再開という究極の目標に向かって地道にコツコツと励んでまいりたいと思います。


近畿弁護士会連合会はじめ各地の単位弁護士会からも相次いで養成再開の意見表明もされています。

こうした温かい追い風を背中にいつも感じていれば、寒風にもめげず、また頑張る力がわいてくるというもの。

今年も多くの皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。


というような、いろんな思いをこめて雪雲のもと、初詣に行って参りました。(花子)

初詣.JPG



posted by sokkikan at 16:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花子さん 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年も近弁連や滋賀、京都、釧路弁護士会から速記官の養成再開を求める声明が出されました。
今年も単位弁護士会や各弁護士連合会に声明等を出してもらえるよう取り組みを進めていきたいと思います。
ところで、ブログに記事を書くようになってから、最高裁が、守る会の取り組みについて何かと気にしてくれているようだということがよく分かりました。
守る会の動きを気にするよりは、速記官の養成再開や電子速記タイプの官支給を検討してもらいたいものです。
今年もいろいろと取り組みを進めていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。
(太郎)


Posted by 太郎 at 2015年01月03日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。