2014年06月27日

きな臭い、このごろ・・・

ブログ更新がすっかりご無沙汰してしまいました。
その間に、最近はとてもきな臭い、嫌な予感のする政界の動きです。
日本国憲法の大きな柱、戦争放棄をうたった絶対的な平和主義が危ういと思えてなりません。
その時々の政府によって憲法の平和主義の理念が「解釈」によって簡単に変更されてはたまりません。それでは普通の法律と同じで、もはや憲法とは呼べないものになってしまうのではないか。
学校教育の公民で憲法を学び、少し法律を学んだだけの花子にだって分かります。

今問題になっている「集団的自衛権」を解釈改憲で行使できるようにしようという動き、やはり大いに不安を覚えずにはおられません。

この問題では、全国すべての単位弁護士会が「反対」などの声明を出されたということにも危険性が十分に見て取れます。今回は、声明だけに止まらず、多くの弁護士会が市民とともに街頭宣伝デモを繰り広げているようなニュースには、大いにエールを送りたいです。

政府は次々と「言葉あそび」をしているかのような説明を繰り広げているけれど、「明白な危険」や「おそれ」など、先に作られた「秘密保護法」の前に阻まれてしまうのではないのか、言い換えれば言い換えるほど信じられない気持ちが強まります。

皆さん、どう思われますか。

花子はいてもたってもいられないような気分ですが、そうそうデモに参加するわけにもいかず、はがゆい思いを、お門違いかもしれませんがブログにぶつけてみました。

そしてつれづれに、こちらも大きな問題「NO NUKES」のワッペンをひろめたいなと、作っています。
「NO NUKES」ワッペン.JPG




posted by sokkikan at 11:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NO NUKES のワッペンいいですね。色合いもアジサイ色。

新婦人でも成瀬さんの図柄のワッペンを販売。

すぐに落ちるけど、なぜがまた戻るのよって言ってた会員さんがいました。

集団的自衛権行使は反対です。きな臭い政治が蔓延しているようで怖いですね。


Posted by dodoko at 2014年06月28日 09:17
ブログが更新されないので、気になっていました。


集団的自衛権、明確に書いてあるのに、解釈って、国語の先生は生徒にどう教えるのだろうと思います。

弱小になったといえども、声をあげられる全司法、頑張ってほしいです。

Posted by 櫻井正美 at 2014年06月29日 21:08
コメントありがとう!
今朝、気分良く「花子とアン」見ていたら、集団的自衛権を自公政権が合意したと速報が流れました。
この重大な問題、参院選や総選挙で全く争点化されないまま、だまし討ちに遭ってるようなものです。

昨日は官邸を数千の反対の波が続いたと今朝の朝日でも報じていたというのに。
でも負けてはいられません。「花子とアン」の時代に戻るのはドラマだけで十分。憲法の平和主義が曲げられないよう、まだまだ気が抜けません。これからです。
それからあのワッペンが空を飛んでフィリピンに行くことになりました。今、8月6日の広島に向けて全国各地から歩きつがれている「国民平和大行進」にフィリピンから参加のアラヤ・ファブロスさんが我が町の平和行進に参加され、記念にお一つ渡すことが出来ました。「NO NUKES」は多くの国で通用しますもの。
Posted by 花子 at 2014年07月01日 09:05
「花子とアン」は今、戦前から戦中にかけての時代背景ですね。「ごちそうさん」でも表現されていましたが、自由にものが言えない時代になってはいけない。「あかんものはあかん。」と言い続けなければいけません。
最近のマスメディアは、いろいろな意見があるはずなのに、一方向に向かって報道がなされてる気がしませんか。それも怖い。
Posted by ミロ at 2014年09月03日 16:21
ミロさん コメントありがとうございます。
いよいよ「花子とアン」、第二次世界大戦に突入する時代に入りましたね。ラジオ放送で巧みに国民を一つの方向に導いていく様子がよく分かります。今は情報は乱れ飛ぶ時代ですが、しっかりと、蓮子のように自分で真贋を見極めないといけないですね。今朝のドラマの花子はそのことに気づき、手を貸すことにノーを表明してよかったです。
Posted by 花子 at 2014年09月06日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。