2013年09月24日

秋晴れの下、素晴らしい日本の原風景を楽しみました。

いいお天気に誘われて、飛鳥の棚田をいろどる彼岸花と、ユーモラスな案山子の力作を訪ねて友人たちと出かけました。
真っ赤な彼岸花は満開で、ときどき白いのが控えめなアクセントに咲いてます。写真を載せましたが、大ぶりな黄色の彼岸花、これは花子は初めて見ました。

日差しは暑かったこの夏と同じくらい照りつけていましたが、風は心地よく吹いてくれるし、何よりも棚田からわたってくる風は涼しく、稲のにおいが一杯で日差しを随分やわらげてくれました。
おかげで約4時間、11キロのハイキングを元気に歩くことができました。

この優美な曲線を持つ黄金色の棚田、縁をいろどる彼岸花の美しさは日本の原風景の一つ。
壊されないよう、守り続けなければならない宝物だよね、友人たちの思いも一緒でした。

棚田に映える彼岸花.JPG  初めての黄色い彼岸花.JPG  

今年の優秀賞かかし.JPG  今にもはじけそうな栗.JPG




posted by sokkikan at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。