2013年01月01日

明けましておめでとうございます。

新しい年、2013年が明けました。
何の書き込みもないカレンダーを前に、良いことで埋めていきたい、そんな年になってほしいと願っています。
普段は、合理的で現実的な花子ですが、やはり新年となれば何か見えざるものに頭をたれ、手を合わせ、静かに心の内を浮かび上がらせて祈りたい気持ちになります。

今年は巳年ということで−実は苦手な巳ですが−巳は三輪山の神の化身として祭神とあがめる大神(おおみわ)神社(奈良県桜井市)にお参りしてきました。
案内には「大和の国の一之宮であり、日本最古の神社とされる大神神社」と記されています。
境内にはうっそうとした大杉がたくさんあるのですが、そのうちの1本が「巳の神杉」として祭壇が設けられてあります。この杉の根本に巳が棲んでいるといううろがあり、好物の卵やお酒が供えられていました。
古来より国造りの基礎となる産業・農業などの振興や、世の幸福を増進させる守護神として信仰を集めている大神神社です。
                      
大神神社.JPG  神木とされる大杉.JPG

昨年は速記官制度を守る会の活動を支えてくださったお二人の大切な友人をお見送りするという悲しい出来事がありました。
お一人は米国ステノ社の窓口であった千早さん。
お一人は守る会発足時から幹事としてご活躍いただいた国民救援会の深澤さんです。
お二人の存在は私たち速記官にとってどんなに心強いものであったかを、今、思い起こしています。
新年に当たり、改めてお二人に御礼申し上げ、ご冥福をお祈りいたします。

そして、皆さまの更なるご活躍と健康を、お祈りしてまいりました。

ともに元気に! また今年も頑張っていきましょう!



posted by sokkikan at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。