2012年07月18日

すごい!「さようなら原発10万人集会」

海の日の7月16日、都会のど真ん中は人の波・波・波・・でうめ尽くされてしまったような、17万人の参加者が「さようなら原発」の意思表示をしたと、報道されています。

スポニチの記事→
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/17/kiji/K20120717003693740.html
では、呼びかけ人のうち、3氏の言葉を紹介しています。


 音楽家の坂本龍一氏は「『たかが電気のために、なんで命を危険にさらさなければいけないのか。美しい日本、国の未来である子供の命を危険にさらすべきではない』と強調した。」


 「作家の瀬戸内寂聴さん(90)は『暑いから家にいるようにと言われたけれど、冥土の土産に皆さんがこんなに集まる姿が見たかった』。」


 「作家の大江健三郎さん(77)は『原発大事故がなお続く中で、関西電力大飯原発を再稼働させた政府に、侮辱されていると感じる』と怒りをあらわにした。」

この思いは代々木公園に集った17万にとどまらず、全国各地で呼応して開かれた集会参加者に届いたことでしょう。
果たして何人くらいの参加者が当日「さようなら原発」の声をあげたのか、想像もつきません。

当日の代々木公園を空から見た山本太郎さんの興奮リポートがユーチューブにありました。
http://www.youtube.com/watch?v=LdllWxuYRfA 

「原発ゼロを求める1000万人署名」は785万に達し、更に続けられている、今年3月から始まった「毎週金曜日夕方は首相官邸へ」行動も、大飯再稼働以後、爆発的に参加者が増えているという。


各地で思い思いに繰り広げられている行動、イベント、署名、意見表明など、脱原発への思いは、とうに1000万人は超えているに違いない。

美しい日本と安心を次代にバトンタッチするために、力を合わせましょう。
NO NUKES !



posted by sokkikan at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。