2012年07月08日

今年も国民平和大行進!歩きました。

平和行進はそろそろ大阪から兵庫へ引き継がれたころでしょうか。
兵庫→岡山から広島をめざして歩き続けていかれます。
これから通るコースの方、まだ間に合います、気軽に歩いてみられませんか。
それにしても今年は「ドカ雨」が多いみたいで、行進中の大雨は旗は重く、身体はグッショリで大変なことでしょうと頭が下がります。

花子は今年、奈良市から大和郡山→法隆寺で名高い斑鳩(いかるが)町までまず歩き、翌日、斑鳩町から平群(へぐり)町→三郷町→王寺町と大阪に引き継ぐ寸前まで2日間歩きました。幸い、薄曇りで、それなりに日焼けはしましたが行進日和だったのは何より。
奈良市のコースは名所旧跡をたどるので、一度は行ってみたいと思っていたところです。
やはり同じように思う方もいて、愛知県から滋賀県、京都、奈良を歩きたいと来られた方も。
奈良市役所を出てしばらく行くと、右手奥に華麗な「朱雀門」が見えました。大きな交差点のため、写真が撮れなかったのは残念。そこから「唐招提寺」「薬師寺」を経て、大和郡山市役所まで。
平和行進だから、道々「核兵器の全面禁止」、更に「原発の再稼働反対」をアピールして歩くのだけれど、景色も楽しみつつというのがいいところです。

午後は一路斑鳩町に向けて、ということで10キロ強の道のり。ちょっとだれ気味になりましたが、斑鳩町が近づくと、まずは「法起寺」、そして「法輪寺」と美しい三重の塔がすぐそばに。以前は「法隆寺」の塔も含め、「斑鳩三塔」がこの辺りから見渡せたんですよ、と地元の方。
法起寺.JPG  法輪寺.JPG  藤の木古墳.JPG  農作業の人にもアピール.JPG
「法輪寺」で休憩してしばらく行くと、今度は「藤の木古墳」でした。古代ロマンに浸りながらの平和行進は、すごくお得で、それに加え、通し行進者の各所でのご挨拶や沿道でのアピール、やはり平和行進には魅せられます。
平群町役場到着集会.JPG
通し行進者の3名を簡単に紹介すると、最高齢80歳で真っ黒になり元気に歩いてられる山口さんは映画人。37年前に「歩く」という平和行進記録映画を作られた方です。他に原爆関連の映画を11本も世に送り出しておられる。しかし山口さん自身、歩かれたことがなく80歳を機に「自ら歩く」通し行進の決意を固められたとのことです。決意は固まると強いのですね、行進中、沿道の子供たちからお年の方まで、歩み寄って声をかけられて「年の功」の強みを発揮されてました。各地のスピーチで紹介されるエピソードが胸を打ちました。
かみさんが作ってくれたという2本ののぼりを背負って行進してられる渡辺さんは力強い。マイク要らずの通る声がすばらしい。去年は北海道から東京へのコースを歩いたそうで、福島の被災地の実態を紹介して、脱原発を訴えられました。
10回以上通し行進しているという竹田さんは、今回網の目の和歌山から奈良に入って合流されました。昭和15年生まれで父親は3歳で戦病死、弟は父親亡き後の生まれという経験から、平和を求める思いはストレートです。同時に、平和行進に参加するのが自らの健康づくりということも語られました。

皆さん、広島までお元気で歩き通してくださいね〜  ご一緒できませんが、「行進ブログ」など見て応援しています。



posted by sokkikan at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。