2012年06月20日

玉置公良法務委員に面会しました!

守る会では6/14に副会長以下3名で参議院の玉置公良法務委員に面会することができました。
テーマは、もちろんステンチュラ官支給です。

 
玉置議員は和歌山から選出されていますが、地元速記官からの「お手紙」を受けて4月に最高裁と面会して種々の説明を受け、5月には和歌山の速記官からも話を聞いてくださいました。

その後すぐに「守る会本部からも話を聞きたい」ということで連絡を下さり、今回の面会が実現しました。



玉置議員は、ステンチュラは既にご覧になったことがあるとのことでしたが、「はやとくん」システムは初めてということで、パソコンを持ち込んで、速記符号データが一気に日本語の漢字仮名混じり文に変換される場面を見ていただきました。
その上で「最高裁は3/28の法務委員会でもステンチュラの導入と効率化を関連づけて説明していましたが、このとおり、効率化は『はやとくん』がもたらすものなんですよ」という説明をし、その点は御理解いただけたと思います。

また、ステンチュラの官支給は「全司法労働組合」及び「速記官」の総意であること、その証拠として、全司法の要求として10年以上、交渉等でも要求し続けているし、最高裁あての要求署名も数名を除いたほぼ全部の速記官がとりくんでいることをご説明し、十分に納得いただけました。
 

上記の点をはじめ、玉置議員が最高裁の説明を受けて疑問を持たれていた部分についてきちんと説明することができましたし、今後に向けてのアドバイスも頂き、実り多い面会となりました。



 玉置議員は、私たちの後にもすぐ別の面会の予定が入っているということで非常に御多忙な中ではありましたが、説明も質問も大変熱心にしてくださいました。

「理屈がつけば予算は何とかなるものですよ」との心強い発言も頂き、一同、「よし、また明日からがんばろう!」という決意を新たに帰途につきました。

 (残念ながら写真を撮る時間がありませんでしたので、季節の花を皆さまへ〜)

あじさい.JPG  菖蒲.JPG



posted by sokkikan at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。