2012年04月26日

「三春滝桜」はそろそろ、満開近しでしょうか。

桜前線の北上につられて、4月中旬、「三春滝桜」をぜひ!と思って出かけましたが、まだまだ「つぼみ固し」でした。
でもその姿は威風堂々、1000年も越える昔々から春を待ち焦がれる人の熱いまなざしを受けて、気高く立ち、花子の胸にビッビッビッと響くものがありました。

例年より遅れて開花ということのようで、連休にあわせてたくさんの方に福島自慢のこの「三春滝桜」を見てもらえるように、季候も粋なはからいをしたのかもしれません。


滝桜の満開は見ることができませんでしたが、福島市の「花見山」は見渡す限り花の山で、木々の種類からして春から初夏へと花が次々と咲き競う名所でした。


「花も実もある福島」、全県が復興するまでの道筋は遠く厳しいのでしょうが、その現実を直接感じる意味からも福島に出かけてよかったと思う花子です。


花見山.JPG   会津で思いがけずカタクリ.JPG



posted by sokkikan at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。