2012年01月25日

コスタリカに行ってきました!

「伊藤千尋さん(朝日新聞記者)と行く憲法を活かすコスタリカに学ぶ旅」という長いタイトルのツアーに行ってきました。
コスタリカってどこにあるの?というくらいあまり知られていませんが、北米と南米をつなぐ細長い地域にある幾つかの国の中の一つです。少し南下するとパナマ運河があり、内戦などきな臭い地域にあって、唯一「軍隊を持たない平和国家」として世界の尊敬を集める類い希な国です。世界中でこういうすっきりとした憲法を持っている国はコスタリカだけ。立派な前文や、第9条で戦争放棄を掲げる日本は、コスタリカからは親近感が持たれていますが、莫大な軍事費を要する自衛隊と、米軍基地のある現状から、残念ながら日本では憲法が活かされているとは言えません。
コスタリカでは、その憲法は本当に活かされているのでしょうか、この目で見聞してきました。
人口約500万の発展途上にある国です。
今から63年前の'49年、内戦の後「武器は勝利をもたらす、しかし自由をもたらすことができるのは法律のみだ」と当時のフィゲーレス大統領提唱の下、軍隊放棄の憲法が制定されたとのこと。そして国を豊かにするために国家予算の3割を占めていた軍事費をそっくり教育・医療の無料化に移行させ、それがずっと今日まで続いているという。周辺国で紛争が起きると、打開策を積極外交をして平和を輸出し、隣国ニカラグアからの難民100万を受け入れ、等しく無償教育をしていると聞くと、その度量に驚くばかり。
本当に憲法は人々の、そして社会の隅々まで活かされていました。

ツアー内容は自然探訪を少し、あとは国会、最高裁、国連平和大学訪問と、フィゲーレス元大統領夫人カレンさんやロベルト・サモラ弁護士との懇談という濃密なものでした。

その上更に欲張って裁判所へ傍聴に行こうとM氏を先頭に出掛けたものの、既に本日は終了とのことで傍聴はかないませんでした。

最高裁の広報の女性に伺うと、刑事法廷は口頭ですべて行われる、陪審制度はとっていない、記録は、速記者という職種はないが、裁判官の秘書役割の人が記録を取ったり、ビデオなどが併用されているということでした。以前のアメリカ視察でもコートリポーターは裁判官の秘書役割を兼ねておられたので、きっと同じような位置付けになっているのでしょう。

このツアーでは同行の伊藤さんから適宜レクチャーがあり、訪問・懇談とも充実したこと、この上ありませんでした。
少し写真を載せます、コスタリカに興味を持っていただけますように。
(昨年12月、コスタリカ初の女性大統領チンチージャ氏が来日されました。日本記者クラブでの会見の様子がこちらで見ることができます。記者の代表質問は伊藤さんです。→http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/12/r00023632/ )

カレンさんと通訳阿部さん.jpg 「世界は一人では変えられないが、一人からしか変えられない」と呼びかけるカレンさん。
ロベルト弁護士と懇談.jpg 大学生時代、アメリカのイラク攻撃を支持したパチェコ大統領の決定を違憲として訴え、勝訴したロベルト弁護士と懇談。
最高裁.jpg 最高裁判所   アカメアマガエル.jpg イグアナ.jpg クロコダイル.jpg ホエザル.jpg ナマケモノ.jpg  モルフォ蝶(N氏撮影).JPG ケツァール(N氏撮影).JPG 




posted by sokkikan at 17:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花子さん コスタリカに学びに行ってこられたのですね!さすがです。軍隊を持たない国って日本ももう一度考えればいいのにと思いました。
広い視野と人脈を駆使して教養を高め、裁判所も傍聴できたら良かったですね。
自然もいっぱいですね。これは何だろうと大きくして見たら蛙!珍しいアマガエルもいるものですね。
Posted by NAOKO at 2012年01月27日 22:49
naokoさん、コメントありがとう!
以前、naokoさん達とサンフランシスコなど裁判所視察に行きましたね。あの3度の渡米の意義は大きかったこと思い出します。今回はメインがエコツーリズムや平和だったので法廷傍聴などの時間がなくて残念でした。またご一緒できたらいいですね!
Posted by 花子 at 2012年01月29日 09:26
とうとう行かれたんですね。
行ってみたい国の一つなので、うらやましいです。
Posted by yiskt at 2012年01月29日 16:06
yisktさん、とうとう行ってきましたよ!
長旅なので体力勝負です。yisktさんはまだまだ大丈夫。ぜひツアーしてください。
現地でお世話になったゴジツアーの加瀬和樹さん、偶然にも花子の姉が、彼の青少年時代、近所住まいしていてよく家に遊びに来ていたのだとか。花子とのツーショットを見せたら、立派になった立派になったと感心しきりでした。世界は広いようで狭い?
Posted by 花子 at 2012年01月29日 19:47
旅の間、お世話になりました。速記官の皆さんの豊富な知識が旅を更に有意義なものにしていただきました。ありがとうございました。私は日常のあれやこれやにかまけて、旅の整理もできずにいます。原稿の依頼もきてるけど・・・これからもお元気で旅を続けてください。そしてブログも。
Posted by すすむ at 2012年01月29日 22:24
まっ、すすむさん、コメントありがとうございます。こちらこそいろいろサポートいただきましてありがとうございました。日本では見えない南十字星のこと教えていただきました。よく晴れた先日、夜空を仰ぐとスバルとオリオンなど、冬の星座がくっきりと見えて、南十字星を仰いだこと思い出しました。また機会があればご一緒したいですね。
Posted by 花子 at 2012年01月30日 09:09
コスタリカの防衛費は隣国のニカラグアの約3倍です

コスタ・リカ共和国 面積 51,100km2 人口 346万人
(1)防衛予算 89百万ドル(03年)


ニカラグァ共和国 面積 129,541km2 人口 507万人
(1)防衛予算 31百万ドル(98年)

それとコスタリカは米州機構の参加国です
コスタリカとニカラグアが領土論争、OASに調停要請

CNN.co.jp 11月4日(木)16時3分配信
(CNN) 中米のコスタリカ政府は3日、隣国ニカラグアの軍部隊が自国領土に侵入したとして
共に加盟する米州機構(OAS)の常設理事会に緊急会合の開催を要請、問題の調停に当たるよう求めた。

コスタリカは米国に助けを求めたようです
Posted by ribi at 2012年02月02日 18:30
ribi様 詳しいコメントありがとうございます。
人口は「世界年鑑」によると457万9000人(2009年推定)となっていたことによりました。親米で国連中心の外交をとっているとのことです。治安については約1万人の国家警備隊が当たっているとのことでしたが、最近、治安が悪化しているとかで、外壁の上に有刺鉄線状のものが張り巡らしているのが目につきました。
Posted by 花子 at 2012年02月03日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。