2011年08月06日

町内で鎮魂の鐘、響き渡る〜

あの原爆投下から66年、その8:15分には、小さい我が町内でも有線放送にて黙祷が呼び掛けられます。

町内で鎮魂の鐘.jpgいつから始められたのか花子は知らないのですが、2万人の小さい町の4つのお寺さんの鐘が、この町の呼び掛けに応じて打たれ、町じゅうに響きます。

行きたいな〜と思っていたら、渡りに舟のお誘いで、最寄りのお寺さんに行って、思い切り、もう原爆も原発も要らないと鐘を打つことができました。

狭い山と山に囲まれた町じゅうに、平和を願う鐘の音がこだましあって、思いあらたの朝でした。



posted by sokkikan at 20:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、8月9日は長崎原爆から66年目、その時刻の午前11時2分、有線放送の後、町内のお寺さんの鐘が再び鳴り響きました。
こうして忘れずに続けられていることが大事なんだなと、改めて思いました。
66年たって、日本に新たな放射能の恐怖に脅える人たち=被爆者=を作ってしまった今、被爆者を再び作らないために原発はゼロだと訴えられた平和宣言に素直に賛同し、そうしたいと思う花子です。
Posted by 花子 at 2011年08月09日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。