2010年08月25日

「雨含みの風〜」だけでもうれしい〜

いつまでも真夏日の毎日、皆さまのところではいかがですか。
わりと元気人間だと思ってる私も、じりじり照りつける日ざしには参ります。
朝顔も夏バテか、花数は少ないですが、なんとか健気に咲いてます。
(そんなこんなでブログも勝手に夏期休業中ですが。)

今日の夕方、遠くのほうから雷鳴が。あらうれしや雨かしらんと、耳をすましてみれば、風の音ばかりで・・・

この近くのどこかで、きっと気持ちの良い一雨があったんでしょう。

夕方外に出ると、雨含みの風が心地よく、どこかの雨が運んでくる恵みの風を久しぶりに受けました。名残の朝顔.jpg

するとどうでしょう、暗くなったとたん虫の音が辺り一面に。競い合うスズムシと、その合間にカネタタキが存在感をあらわしていて、びっくりさせられました。

人間以上に虫たちが、このちょっと涼しい風、うれしいどころか待ちこがれているんですね、きっと。




posted by sokkikan at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。