2009年03月20日

第12回速記官制度を守る会総会報告

第12回総会鶴見会長.JPG3月14日午後、東京において開催されました。

冒頭、鶴見会長は、裁判員制度において正確で客観的な記録の確保がされていないことの問題点を指摘し、引き続き速記官が立ち会うことの意義を訴えていく運動を更に進めていくことの決意を述べられました。

事務局からは、これから始まる裁判員裁判について、速記官は従来通り立ち会っていくことが最高裁との間で確認されていることが改めて紹介されました。

その後、濱田広道弁護士から「裁判員裁判の現状と課題−主として裁判記録について−」と題して講演をいただきました。その内容につきましては後日、改めて紹介をいたします。

2009年4月現在の全国速記官配置が明らかになりました。
2009年4月全国速記官配置図.jpg
全国で245名。裁判員裁判のみならず、他の刑事・民事事件から求められる速記官数としては一桁足りない、というまでに減員してしまいましたが、「はやとくん」の力も借りて少しでもユーザーの期待に応えられるよう日々努力している245名は、裁判所に残された希望の星!と花子には見えてしまいます。

総会の席上、既にお知らせしました大阪弁護士会からの「要請書」が紹介されて、大いに参加者を励まし、これから全国の弁護士会からこのような声が出されるように、速記官制度を守る会の運動を強めていかなければと申し合わせ終了しました。

posted by sokkikan at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 守る会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。