2008年07月14日

続編 7月5日「評議室は怖くない?」日弁連司法シンポ・プレシンポ

 7月5日の記事で紹介したチャート図を見てみたいとのコメントがありましたので、作成された堀田秀吾氏(明治大学法学部 准教授)の許可を得て掲載します。
堀田准教授は、今回のシンポジウムでの発表ということで作成されたとのことです。
 
pm.jpgam.jpg







 この評議素材は、5月17日行われた模擬裁判に基づいて、裁判体A(午前)と裁判体B(午後)が評議を行い、その評議内容は速記官によって速記録として作成されました。

 評議を実際に体験された方だと、この線の太さ、細さによって、誰と主に議論していたか、あるいはしていなかったかがよく分かるだろうと思います。

posted by sokkikan at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。