2008年07月10日

大阪弁護士会長に要請行動

ueno.JPG  7月9日、守る会大阪支部では「裁判記録確保のための要請行動等のお願い」をするために、石松支部長、笠松事務局長をはじめ、役員が弁護士会を訪問しました。

 この行動には上野会長ならびに大川副会長が対応してくださり、私たちの「お願い」を真摯に受け止めてくださいました。

 最高裁が進めている音声認識による文字化は現状では不可能で、インデックス機能として使用するとしていること、しかも関西弁について今収集中であること、弁護士アンケートによっても多くの弁護士は映像情報とともに文字情報の交付を希望していること、アメリカで進められているハイテク法廷には速記者の存在が不可欠であることなど、質問に答える形で説明を行いました。

 ある地方の法廷での出来事として、証人に「日本語で話してくれ」と裁判官が言うたとか、大阪弁どころの話やないのが日本の言葉、というエピソードが弁護士会側から披露されました。(現場の裁判官は、きっとそういうことは分かってるはずなんですけど・・exclamation&question )  

 最後に上野会長は「来年に始まる裁判員制度に向けて、速記官による速記録は必要であるとの認識は同じように持っている。裁判員制度に掛かる事件は全国で3000件として、その中で争われる事件が何割か、まずその事件には速記官が必要。大阪弁護士会としての表明とするために必要な手続きを踏んでいきたい。」と率直に語られ、大いに元気づけられる訪問となりました。晴れ


posted by sokkikan at 09:13| Comment(0) | TrackBack(4) | 守る会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

datingoup.co.uk
Excerpt: 裁判所速記官制度を守る会
Weblog: datingoup.co.uk
Tracked: 2014-09-23 00:39

free garcinia cambogia
Excerpt: 裁判所速記官制度を守る会
Weblog: free garcinia cambogia
Tracked: 2014-12-01 19:18

missclaireholt.com
Excerpt: 裁判所速記官制度を守る会
Weblog: missclaireholt.com
Tracked: 2014-12-01 19:22

flemtam.com/
Excerpt: 裁判所速記官制度を守る会
Weblog: flemtam.com/
Tracked: 2014-12-23 02:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。