2014年12月22日

裁判員経験者に聞きました。

最近、何人かの裁判員経験者の話を聞く機会がありました。
11月23日、裁判員ネットの第11回裁判員制度フォーラム「市民から見た裁判員裁判」。
12月13日、専修大学法社会学ゼミナール主催の「裁判員ラウンジ」。
12月14日、陪審裁判を考える会の「例会」。
です。

裁判員ネットは、裁判員裁判を傍聴して、自主的な評議・評決をしたり、裁判員制度を調査・検討し、改善の提言などを行っています。主に大学生を中心に、裁判員経験者、弁護士、市民も参加するなど、活発で幅広い活動をしています。今回のフォーラムでも、市民モニターが傍聴した裁判員裁判を中心にした調査報告などを受けて、裁判員の負担や制度の問題点などについて意見交換がなされました。

裁判員ラウンジは、「誰でも参加できる裁判員経験者や弁護士との語らいのスペース」として、裁判員制度の概要説明と裁判員経験者の体験談を受けて、質疑・懇談が持たれました。裁判員裁判の勉強をしている大学生からは、裁判員に選出されてどのような感じを持ったか。裁判員を経験して、その後何か変わったことがあったか。裁判員制度は今後どうあるべきかなどの質問が出され、ここでも活発な意見交換がされています。

陪審裁判を考える会は、太平洋戦争前からあった陪審裁判(現在停止中)を復活させ、司法への市民参加を実現することを目指している会です。今回の例会では、現在実施されている裁判員裁判の実態を追いながら、陪審制度に学ぶ必要があるのではないかとしています。例会では、「上級審で量刑を変更する是非について」とする報告を受けて、裁判員経験者から「裁判員経験者として考える裁判員に課せられた過剰な負担」と題する報告があり、熱心な討議がされました。

私は、それぞれの集会で、裁判員経験者に次のような質問をしました。
@、証人や被告人本人の法廷での供述について、後で「証人(ないし被告人)の証言について、あのときどのような証言だったか、確認したい」と思ったことはありませんでしたか。
A、あったとすれば、どのようにして確認しましたか。

回答してくれた裁判員は、全員、実際「あれなんだったっけ」と思うことがあったと答えてくれました。
そして、裁判員同士、皆で「ああ言っていたよね。」とか「こうだったよね。」、「こうだったんじゃない」と話し合って確認したとのことでした。また、他の裁判員から「ノートにはこうなっていた。」と言われて、「そうだったね。」ということになったという人もいました。
裁判官とも話して「こうだった。」と確認したという人は一人だけでした。
音声認識システムについて、システムがあることの説明を受けたという人もいましたが、録音・録画で確認した例はありませんでした。

従前から、守る会が指摘してきたように、裁判員は、証言の確認をしたいと思うことがあるが、事実上、その確認方法がないということが改めて示されたと言っても良いと思います。実態は、他の裁判員ないし裁判官の「メモか記憶」に頼っているということで、これでは公判廷での供述証拠が不正確なままで裁判をしているおそれがあり、公正な裁判の実現の上で極めて大きな問題をはらんでいると思います。

裁判員経験者の数は数人でしたから、これだけで断定することはできませんが、
◎ 録音・録画での確認は一覧性がなく、実際には大変使い勝手が悪く、役立っていない。
◎ 他の裁判員(ないし裁判官)の主観的な「メモか記憶」が、裁判員の事実認定と量刑判断の基礎資料の一つになっている。
ということが言えるかと思います。

私の方から、裁判所速記官にはリアルタイム速記による速記録作成の技術があることを説明しました。
経験者は皆、「速記録があれば確認したかった。」「速記録があれば、証人の様子や証言内容にもっと集中できたのに。」と裁判員当時の思いを話してくれました。また、ある経験者は「裁判員として一生けん命努めたし、充分な評議をしたと思っているが、記憶の不明な点の確認方法については、確かに問題だと思う。」と感想を述べてくれたことが印象的でした。

今でも、裁判員裁判への速記官立会いは、まったく不十分です。中には、速記官の立会ができない裁判所さえあります。
速記官の裁判員裁判への立会が実現できるよう、養成再開や電子速記タイプの官支給など条件整備が急務だと、改めて思いました。
(太郎)








続きを読む
posted by sokkikan at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

「はやとくんフォーラム2014」が開催されました。


11月29日〜30日、「はやとくんフォーラム2014」が東京の浅草セントラルホテルで開催されました。

 当日、午前中は雨模様でしたが、全国から多くの速記官とゲストや法人・個人ユーザ、ファンクラブメンバー、約40数人が参加し、今回も熱気あふれる集会になりました。

29日は、
〇 会長の開会あいさつと異字体セレクタについての報告。異字体とは、意味と発音が同じで表記に差異がある文字とのこと。
〇 Yさんから「はやとハイスクールについて」と題して、「はやとくん」の習得法などの取り組みについて。
〇 Fさんから「リアルタイムで表記をコントロールしよう!」と題して、表記の揺れやコントロールの方法、効率的な方法のための工夫などを。
〇 Kさんから「ディアマンテ(ウェーブ)の使用方法」と題して、最新機種のディアマンテとウェーブの使い方について。
〇 また、法人ゲストから、キーボードの試作品が紹介されました。このキーボードには10キーが設けられるなど、いろいろと工夫がされています。

 その後、ホテル近くのお店で、懇親会になりました。1年ぶりの再会を喜び合いながら、職場の実態や苦労話、同期の消息、家族の話、趣味や旅行談義など話の花を咲かせました。途中、ファンクラブメンバーの飛び入りもあって、大いに盛り上がった懇親会になりました。

 ホテルに戻ってからの2次会も大変盛況だったようです。ファンクラブメンバーから力強い支援の話もあったとのことで、多くの速記官が励まされました。散会は午前1時近くとのこと。残念ながら、太郎は1次会で出来上がってしまい、2次会に参加し損ねました。つくづく、アルコールに弱くなったことを痛感しました。

30日は、
〇 午前中は、電子速記研究会の総会が持たれました。
  総会では、各地域での学習会やステンチュラのメンテナンス、次期役員や事務担当などについて討議されました。
  内容の詳細は、電子速記研究会のブログをご参照ください。
〇 次いで、開発会議が開かれました。
  64bitパソコンへの対応、ディアマンテとパソコンのbluetooth接続、日本語入力ソフトについての報告がありました。
  今回も、新設略語についてなど、活発な意見交換がされました。
〇 また、全司法本部書記長との懇談会では、本部速記官担当中執から地連速記官担当者会議と最高裁交渉の結果報告、本部書記長のコメントを受けて、参加者から全司法の取り組みについての感謝と質疑がありました。
 交渉の回答は、従前どおりだったとのことで、残念ながら前進は見られなかったようです。

 ただ、交渉後の雑談として出された話だそうですが、ぶつかり合う2つの要求、光の当て方によって違った面が見えてくるとの話が出たとのことでした。分かりにくい話ですが、どうも電子速記タイプの官支給要求と養成再開要求のことを言っているようだとのこと。それにしても、全司法本部の報告を聞いていて、給与課長が何を言いたいのか、よく分かりませんでした。参加者から、養成再開は司法制度の問題で、物品要求の電子速記タイプの官支給とは異なるものとの指摘もありました。

 ※ 今回のフォーラムでも、速記官の仕事に対する誇りと「はやとくん」をより良くしていこうとする熱意を感じました。速記技術の高見を目指そうとする速記官にまぶしさを覚えながら、熱心な報告や討議を聞きました。2日間のフォーラムに参加して、何としても速記官の養成再開を果たしたいとの思いを改めて強くしました。(太郎)


続きを読む
posted by sokkikan at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。