2014年06月27日

きな臭い、このごろ・・・

ブログ更新がすっかりご無沙汰してしまいました。
その間に、最近はとてもきな臭い、嫌な予感のする政界の動きです。
日本国憲法の大きな柱、戦争放棄をうたった絶対的な平和主義が危ういと思えてなりません。
その時々の政府によって憲法の平和主義の理念が「解釈」によって簡単に変更されてはたまりません。それでは普通の法律と同じで、もはや憲法とは呼べないものになってしまうのではないか。
学校教育の公民で憲法を学び、少し法律を学んだだけの花子にだって分かります。

今問題になっている「集団的自衛権」を解釈改憲で行使できるようにしようという動き、やはり大いに不安を覚えずにはおられません。

この問題では、全国すべての単位弁護士会が「反対」などの声明を出されたということにも危険性が十分に見て取れます。今回は、声明だけに止まらず、多くの弁護士会が市民とともに街頭宣伝デモを繰り広げているようなニュースには、大いにエールを送りたいです。

政府は次々と「言葉あそび」をしているかのような説明を繰り広げているけれど、「明白な危険」や「おそれ」など、先に作られた「秘密保護法」の前に阻まれてしまうのではないのか、言い換えれば言い換えるほど信じられない気持ちが強まります。

皆さん、どう思われますか。

花子はいてもたってもいられないような気分ですが、そうそうデモに参加するわけにもいかず、はがゆい思いを、お門違いかもしれませんがブログにぶつけてみました。

そしてつれづれに、こちらも大きな問題「NO NUKES」のワッペンをひろめたいなと、作っています。
「NO NUKES」ワッペン.JPG


posted by sokkikan at 11:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。